Please enable Javascript
メイン コンテンツへスキップ

バーチャル レストランの立ち上げ

店舗を新設しなくても、現在のキッチン設備をそのまま利用して配達専門店を立ち上げることができます。

手間とリスクを省いて事業を拡大

新たな収益機会を探る

配達限定メニューを設定すれば、Uber Eats を利用して新規のお客さまを増やし、利益率を上げることができます。

地域の需要に応える

Uber Eats のデータを活用して地域の人々のニーズを把握し、より多くのお客様を惹き付けるメニューを作成できます。

自由に試す

バーチャル レストランでは、実店舗を新設するリスクを負うことなく、新しいメニュー、商品、営業時間をテストできます。

バーチャル レストランの立ち上げ

ステップ 1: キッチンのコンセプトを練る

現在のレストランと異なるコンセプトを生み出すことが売り上げ拡大につながります。現在の設備、運営方法、スタッフをそのまま活用した新しいメニュー作りにも役立ちます。

ステップ 2: ご連絡をお待ちしております

次に、サポートのメール アドレス (restaurants@uber.com) 宛てに、メニュー、営業時間、料理の写真 (出張撮影の手配も可能)、POS の統合に関するデータを送付してください。

ステップ 3: サービスを開始する

必要事項の確認が済み次第、Uber Eats がバーチャル レストランを新規加盟店として立ち上げます。その後、注文の受付を開始できます。

「1 つの店舗で異なるレストランのコンセプトを打ち出せるとは驚きです」

ナビン・ハリプラサド氏 (Lucky Cat Vegan オーナー)

よくある質問

  • Uber Eats でバーチャル レストランを立ち上げると、レストランのオーナーは Uber Eats に登録された実店舗で新たなコンセプトのお店を別途運営できます。

  • バーチャル レストランが有効になると、お客さまの Uber Eats アプリには 2 つのレストランが表示され、実店舗のメニューとバーチャル レストランのメニューのどちらからでも注文できるようになります。

    バーチャル レストランには独自の店名とメニューが設定され、実際の親店舗にリンクされた紹介が Uber Eats アプリに表示されます。これにより、お客さまは料理の提供元である店舗を把握できます。

  • このプログラムを利用すると、店舗を新設するリスクや費用を心配することなく新しいブランドを作り、新しい料理をお客様に届けることができます。

  • バーチャル レストランを運営する場合は、管理局の認可を受けた現在のキッチンで料理した品を販売する必要があります。

ご希望の言語を選択してください
English日本語简体中文