Please enable Javascript
メイン コンテンツへスキップ

全米で人気の Tops Diner が Uber Eats でリーチを拡大

エビのマカロニ チーズ、ミートローフとグレイビー ソース、レモン チキン ピカタ

ニュージャージー州ハリソンの 1 軒のダイナー

新規顧客と既存顧客の両方にアピールしてビジネスを成長

顧客との出会いの場

2003年に Jimmy Golemis さんと兄弟が父親から Tops Diner を引き継いだときに考えたことは、豊かな歴史を大切にするのと同時に、自分たちの新しいやり方も取り入れるということでした。1940 年にオープンした Tops Diner は、何世代にも渡って地元客に愛されてきました。知事や大統領候補など注目の政治家が、写真撮影の機会に立ち寄ることも多いレストランです。「ここは昔から変わらないダイナーですが、同時に今の時代の風も取り入れることが大事だと思っています。私たちのチームはいつも新しいメニューに取り組んでおり、アジア風のシーフード料理や昔ながらのディスコ フライまで、すべての料理をさらなる高みに押し上げたいと思っています」と Golemis さん。

近年複数のメディアで肯定的に取り上げられたことを受け、Tops Diner は遠方からも人が集まる大人気店となりました。これにより、顧客が増えたことで待ち時間が長くなり、常連の顧客は不満を募らせてしまうこともありました。そこで、最初は戸惑いがあったものの、Golemis さんとチームは配達の注文を希望する顧客にサービスを提供するため Uber Eats の利用を開始しました。「私たちは、いつもお客様と向き合いたいと考えています。Uber のサイトでも Uber Eats アプリでも複数の注文オプションを提供し、最適なものを選んでいただけるようにしています。オンライン注文では配達手数料は請求しておりません。この設定は私たちにとって非常に重要なものでした」と Golemis さん。

強固な配達システム

新型コロナウイルスの感染が拡大し始めた頃、Golemis さんとチームはすでに Uber Eats で強固な配達システムを構築できていたことに感謝したと語っています。新型コロナウイルス流行中に受けた配達量を増やすため、一時的に閉鎖された店舗内の 4 つのブースを撤去しました。現在、Golemis さんとチームは、敷地内に 16,000 平方フィートの新しく設計されたレストラン スペースをオープンし、旧店舗は配達注文専用に利用しています。

「時代の移り変わりにより、この 800 平方フィートのスペースすべてが Uber Eats の受け渡し専用となります。座席数が増え、従来よりも多くのお客様を受け入れることができるようになりましたが、一流の料理とサービスの質にも引き続き重点を置いています」と語る Golemis さん。

非常に強固な関係を築いていたことから、Tops Diner は Uber Eats と独占的に提携して配達を行うようになりました。

「新型コロナウイルス感染症が拡大する中で、Uber Eats には本当に助けられました。いつもこちらからのフィードバックを真摯に受け止めてもらっています。レストランのオーナーとして、お客様から受け取る意見は事業に欠かせません。料理の品質が低下している場合は、そのことを知っておきたいです。Uber が顧客に焦点を当てたアプローチを取り入れていることに感謝しています」と Golemis さん。

ご希望の言語を選択してください
English日本語简体中文