Please enable Javascript
メイン コンテンツへスキップ

黒人オーナー経営企業に対する Uber の取り組み

Uber は、人種差別禁止の取り組みを推進しています。当社は Uber プラットフォームから人種差別を排除する活動からコミュニティの公平性を推進するための活動まで、さまざまな取り組みを行っています。これは Uber の最優先事項であり、この目標を達成するために、拡大と進化を続けています。コミュニティ支援の一環として、世界中の黒人オーナー経営企業への 1,000 万ドルの資金提供を行いました。

Uber の取り組みについて

この取り組みを実現するための第一歩として、Uber は米国の EatOkra と提携して、黒人オーナー経営レストランをサポートし、アフリカ系経営者が所有するレストランの皆さまのUber Eats と EatOkra プラットフォーム上でのご利用体験の向上に努めてまいります。これまでの Uber のハーレムワシントン D.C. における活動の詳細については、こちらをご覧ください。Uber は 2021〜2022 年、より多くの米国の都市でのサービス提供を目指しています。

EatOkra とは?

EatOkra は、全国の黒人オーナー経営のレストラン、キッチンカー、ケータリングを見つけるのに最適なアプリです。料理や文化、コミュニティをつなぐお手伝いをいたします。

食通と黒人オーナー経営レストランのつながり

10,000 を超える黒人経営の飲食事業を掲載し、350,000 を超える利用者を抱える EatOkra は、食通と黒人オーナー経営企業、料理イベントをつなぐと同時に、黒人コミュニティのためのダイニング体験を拡大するという使命を果たしています。レストランは、こちらから EatOkra にご登録いただけます。

黒人オーナー経営のレストランとして認識される場合

黒人オーナー経営企業のレストランは、どちらのプラットフォームでも認識されるように、以下のフォームに必要事項を入力してください。

2 つのフォームが確定すると、Uber Eats でレストランに「黒人オーナー経営」タグが追加されます。 詳細については、Uber Eats の ヘルプページと EatsOkra の ヘルプページをご覧ください。

ご希望の言語を選択してください
English日本語简体中文